忍者ブログ
映画、ドラマ、こんな人にオススメという視点で紹介!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フラガール スタンダード・エディション  日本のハワイ誕生へ!

 『フラガール』は、炭鉱の町、常磐市の町おこし事業である常磐ハワイアンセンター誕生を描く、実話を元にした感動ダンス作品です。(2006年公開)

■物語
石炭から石油へ燃料転換が本格化した昭和40年(1965年)、福島県常磐市(現・いわき市)の常磐炭鉱は危機的状況。そんな状況を打開すべく、吉本紀夫(岸部一徳)は町おこし事業「常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)」を立ち上げる。

ハワイアンセンターの目玉は、地元の素人を使ったフラダンスショー。素人を一人前のフラダンサーとすべく東京からきた平山まどか(松雪泰子)は、集まったダンサー、谷川紀美子(蒼井優)、木村早苗(徳永えり)、熊野小百合(山崎静代)のあまりのひどさに愕然する。しかし、紀美子らは、まどかのダンスに触発され、やる気を出していく。

■ポイント・見所
・まどかのダンスに圧倒される、紀美子、早苗、小百合
・早苗との別れのシーン
・母が紀美子のダンスを見る
・木をからせないためにストーブを集める
・まどかを送るフラ
・ラストのフラダンス

■名言(ネタバレ)
「女は強えなぁ」洋二朗
「おどらせてくんちゃい。父ちゃんもきっとそういってくれる」小百合
「こんな木枯らしなんかで、あの子らの夢を枯らしちゃいけん、 ストーブ貸してくんなせ!」
「今のあなたたちと踊りたい。もう最高だね!」まどか

■評価
 amazon:4.5点(5点満点)、レビューは73
 映画生活:79点(100点満点)、レビューは252

 良い評価としては「本格的なフラに感動」、悪い評価としては、「よくある話」「期待しただけにがっかり」という意見。おすぎが評価したとか、日本アカデミー優秀作品賞受賞など絶賛されていることから大きな期待をして見た人ががっかりしているよう。派手な作品ではないのでその点をご承知おきを。女性向けの作品かな。

ハワイアンズにいったこともあるので、期待してみたが、フラばかりに注目が集まっていたのが少し残念。とはいえ、まどかを送るフラには涙してしまいました^^;加えて、ラストのフラはすばらしい。拍手を送りたい。79点(100点満点)

■こんな人にオススメ
1位:女性
2位:福島・いわき出身の方、またハワイアンズにいったことがある方
3位:フラダンスに興味のある方

■イメージ映像



PR

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション  みなさん、洗濯機の中には絶対に入らないでください。危険です!

 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 は、洗濯機というタイムマシーンで1990年に戻り、バブル崩壊を止めにいくというSF・コメディー作品です。(2007年公開)

■物語
 2007年3月、800兆円を超える借金を抱える日本は、後約2年で経済破綻するという危機にあった。その危機を救うためには、根本の原因であるバブル崩壊にあると財務省の下川路功(阿部寛)は考え、田中真理子(薬師丸ひろ子)が発明した洗濯機型タイムマシーンで1990年へ送った。

 一方、真理子の娘である真弓(広末涼子)は、借金取りである田島圭一(劇団ひとり)から200万を数日中に返せと脅迫されている。
 真理子は過去に戻り、根源でもある芹沢良道(伊武雅刀)に言い寄るが・・・

■ポイント・見所
・バブル時代(自動改札がない、大きい携帯電話、初期ゲームボーイ、ティラミス、太い眉毛、ディスコ、衣装(ボディコン)etc)
・当時を象徴する人(飯島愛、ラモス瑠偉、八木亜希子、飯島直子)
・真弓のダンス
・過去を変えたことで変わった下川路(女癖が治らなかったw)
・過去を変えたことでラモスジャパン発足(真弓のアドバイスでドバイで勝ったのかもね^^)
・バブル崩壊しなかった?場合の東京(複数のレインボーブリッジ、フジテレビ、ドーム球場、屋内スキー場?)

■名言(ネタバレ)
うーん。特にないかもw
それを補うほどの見どころがありますので^^

■評価
 amazon:4点(5点満点)、レビューは26
 映画生活:71点(100点満点)、レビューは47

 極端に良い評価も、悪い評価もなく妥当という評価を得ています。B級映画という意味で見れば、大変楽しめます。悪い評価でよくあったのは、悪くはないけど、もう少しひねることはできなかったかといったものです。背景は真面目な内容ですので、軽い気持ちで!
 
 洗濯機の泡(バブル)とバブルをかけていることをはじめ、バカな内容が好き、個人的にも懐かしい所も・・バブルいいなーw77点(100点満点)

■こんな人にオススメ
1位:港区と江東区在住の方
2位:悩んでいる方、落ち込んでいる方(バブル期に戻りたい方)
3位:家族、教師(バブル時代を伝える教材に使って見てはw)
おまけ:日立製作所の方(研究室は日立製作所です)


■イメージ映像

このブログについて
みなさんは、ネットで良い評価がされている映画・ドラマを期待して見たけど、がっかりしたという経験はありませんか?
このブログでは、客観・主観を織り交ぜ、「こんな人にオススメします」という視点で評価していきます。
ぜひ、映画・ドラマを見る際の参考にしてもらえると幸いです。
よろしければご要望ください!
ブログ内検索
最新コメント
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
Tag
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 映画・ドラマ:こんな人にオススメ! All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]