忍者ブログ
映画、ドラマ、こんな人にオススメという視点で紹介!
[20] [19] [18] [17] [16] [14] [15] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション  あなたも、スターへw

 『DREAMGIRLS』(ドリームガールズ)は、アメリカ・ショービジネス界を舞台に黒人女性トリオが活躍していくミュージカル作品。(2006年公開)

■物語

 舞台は1962年デトロイト。エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)のコーラストリオ「ドリーメッツ」は、成功する夢を胸に多くのオーディションに参加していた。そんな彼女たちを、デトロイトのスターであるジミー・ア-リー(エディ・マーフィー)のプロデューサーのカーティス(ジェイミー・フォックス)に目を付けられ、ジミーのバックコーラスを務めることになる。

 そんな3人は満を持して、「ドリームガール」としてデビューを飾る。次々にヒット曲を放ち、トップスターとなるが・・・。
 なお、本映画・ミュージカルは伝説の黒人女性グループ「The Supremes」を元に作られています。シュープリームスのメンバーはダイアナロス(ディーナ)とメアリー(ローレル)とフローレンス(エフィ)。また、ジミー・ア-リーは、ジェームズ・ブラウン、5人組のお兄さんに小さい子供がいたグループは、ジャクソン・ファイブでありマイケル・ジャクソン。


■ポイント・見所
・エフィーのディーナへの嫉妬、そして喧嘩
・エフィーが更正誓った曲
・ディーナがカーティスと別れを決心した曲
・4人が揃ったラストステージ
・華やかな衣装(キレイになっていくビヨンセ)、そしてみんなの歌唱力(特にエディーw)

■名言(ネタバレ)
「お前の歌は浅くて深みが無い。だから、リードボーカルなんだ。勝手な事をするな。俺の言う事を聞いてればいいんだ! 」カーティス

■評価
 amazon:4.5点(5点満点)、レビューは47
 映画生活:82点(100点満点)、レビューは99
 
 良い評価としては、共通的にあげられる「歌のうまさ」。これは悪い評価を上げる人も共通して納得できるのでは。悪い評価としては、「心に響いてこない」「歌が多すぎ・うるさい・浮いている」という点。大事なシーンでもミュージカル風になり説得力を感じられないという声があります。正直、人を選ぶ作品だなという印象です。

 個人的には、スーパーモンキーズ(安室奈美恵、MAX)を思い出しました。始めは対等であったメンバ、1人に人気が集中し、特別扱いをされていく。実際にメンバ間で嫉妬があったかわかりませんが^^;
 ストーリー的にしかたないにしろ、ビヨンセの印象が弱い。ビヨンセをこの映画であの役に使ったのはどうなんだろう・・・。60点(100点満点)


■こんな人にオススメ
1位:モータウンミュージックのファン
2位:芸能界(特に歌手)を夢見てる方・興味がある方、ビヨンセのファン
3位:友人と喧嘩したが仲直りをしたい方

■イメージ映像


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
このブログについて
みなさんは、ネットで良い評価がされている映画・ドラマを期待して見たけど、がっかりしたという経験はありませんか?
このブログでは、客観・主観を織り交ぜ、「こんな人にオススメします」という視点で評価していきます。
ぜひ、映画・ドラマを見る際の参考にしてもらえると幸いです。
よろしければご要望ください!
ブログ内検索
最新コメント
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Tag
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 映画・ドラマ:こんな人にオススメ! All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]