忍者ブログ
映画、ドラマ、こんな人にオススメという視点で紹介!
[16] [14] [15] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイヨウのうた スタンダード・エディション  知らない子にいきなり突き飛ばされて告白されたくないですか?w

 『タイヨウのうた』 は、太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気と戦う少女の純粋で悲しいラブストーリーです。(2006年公開)

■物語

太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気をかかえる雨音薫(YUI)は、太陽が沈んだあと、公園で歌を歌っていた。そんな彼女にとって、早朝、家の前のバス停でサーフボードを持って友人とじゃれている藤代孝治(塚本高史)を、部屋の窓から眺めることが密かな楽しみだった。<

 ある夜、いつもどおり公園で歌を歌っている時、孝治が偶然通りかかる。薫は、勇気を出し、孝治に突撃し、告白する・・・。

 -中略-

 薫の両親は、謙(岸谷五朗)と由紀(麻木久仁子)。薫を病気から守るため、子供の頃から気を使っていた。ある日、いつも帰ってくる時間に薫が帰ってこない。心配となった謙と由紀は、薫の友人である松前美咲(通山愛里 )に協力してもらって、薫の捜索をはじめる・・・。

■ポイント・見所
・薫の病気を知らない孝治は、薫と朝日を見に行こうと海に誘う。薫は帰ろうとするが・・
・孝治にひっぱられた薫の”へんな顔”
・横浜で歌う薫に集まる人・・・そして実力を認めたバンド?が・・
・薫の病気が進行していき、指が・・・
・薫のCDはその後・・・

■名言(ネタバレ)
「雨音薫です。16歳です。両親と暮らします。趣味は音楽です。性格はちょっと短気です!彼氏はいません!いつも見てました、ずっとずっと見てました!好きな動物はチーターで、好きなバナナは食べ物で、趣味は音楽です。」薫
「太陽が沈んだら会いにいくよ」孝治
「ねー私の声は聞こえてるよね?なら歌う。私、歌うから」薫
「私、生きて生きて生きまくるんだから」薫

■評価
 amazon:4.5点(5点満点)、レビューは35
 映画生活:76点(100点満点)、レビューは84
 
 良い評価では「泣ける」という声が多く、悲しいが余韻は心地よいというのが他の泣ける映画との差異でしょうか。悪い評価としては、「ありがちな内容」「下手な演技」などがあげられます。 

 薫の唐突な告白シーン、薫が「Good-bye days」を横浜で歌うシーン、孝治にひっぱられるYUIの変な顔、そしてラスト。見所的には結構あります。しかし、ラストへの展開があっさりしていて(急すぎる)、拍子抜けしたので、60点(100点満点)低予算で作っていますので、その点は踏まえて見てください。(大きな期待はしないで見た方が楽しめます

■こんな人にオススメ
1位:恋をしたい人、元気をもらいたい人
2位:YUIのファン
3位:ストリートミュージシャン、ギターを弾く人

■イメージ映像


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
このブログについて
みなさんは、ネットで良い評価がされている映画・ドラマを期待して見たけど、がっかりしたという経験はありませんか?
このブログでは、客観・主観を織り交ぜ、「こんな人にオススメします」という視点で評価していきます。
ぜひ、映画・ドラマを見る際の参考にしてもらえると幸いです。
よろしければご要望ください!
ブログ内検索
最新コメント
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Tag
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 映画・ドラマ:こんな人にオススメ! All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]