忍者ブログ
映画、ドラマ、こんな人にオススメという視点で紹介!
[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただ、君を愛してる スタンダード・エディション  みなさん、恋していますか?

 『ただ、君を愛してる』 は、大学生の誠人と恋をしたら○○○しまうという静流の悲しい恋愛映画です。(2006年上映)

■物語
 
大学の入学式で、瀬川誠人(玉木宏) は、幼い女の子、里中静流(宮﨑あおい)と出会う。自分の臭いが気になる誠人は、人との関わりを避けていたが、静流とは自然と打ち解けた。
 静流は、誠人に好意を抱いていたが、誠人は、富山みゆき(黒木メイサ)に想いを寄せていた。そこで、静流は誠人の目を自分に向けるべく大人の女性になろうと決心する。
 自分の運命がどうなるか分かっているのに・・・。

■ポイント・見所
・静流の誠人をおちょくる点w
・静流の成長した姿
・ニューヨーク、秘密の森など映像が美しい
・エンドロールの大塚愛「恋愛写真」(歌詞と内容がオーバーラップしています。)

■名言(ネタバレ)
「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」静流
「好きな人が好きな人を好きになりたい。」静流
「誠人とキスできたら嬉しくて私死んじゃうかも」静流
「あのキスのとき、少しは、愛はあったかな」静流
「少しどころじゃなかった、君は僕の世界の全てだった」誠人
別れはいつだって思いよりも先に来る。
それでもみんな微笑みながら言うの。
さよなら、またいつか会いましょう。
さよなら、またどこかで、って
 」静流 ←ネタバレ注意:反転にしました

■評価
 amazon:4.5点(5点満点)、レビューは34
 映画生活:82点(100点満点)、レビューは100

恋をしたくなった、映像がきれいだったなどともに良い評価が目立ちます。
一方、悪い評価の例としては「共感できなかった」「先がよめる」といったものです。純愛が嫌いという方にはおすすめできません
 
 個人的には、台詞・映像ともに満足。同じ市川拓司さん原作「いま会いにゆきます」と同じ雰囲気を持っていたので80点(100点満点)

■こんな人にオススメ
1位:10~20代の女性
2位:恋をしたい人
3位:キレイな景色が好きな人、写真をとる人

■イメージ映像

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
このブログについて
みなさんは、ネットで良い評価がされている映画・ドラマを期待して見たけど、がっかりしたという経験はありませんか?
このブログでは、客観・主観を織り交ぜ、「こんな人にオススメします」という視点で評価していきます。
ぜひ、映画・ドラマを見る際の参考にしてもらえると幸いです。
よろしければご要望ください!
ブログ内検索
最新コメント
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
Tag
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 映画・ドラマ:こんな人にオススメ! All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]